ブログblog

2019.10.16ブログ

歯並びについて



近年、歯科治療においても審美性を求められることが多くなりました。
審美的な治療の例としては、セラミックスの被せ物やホワイトニングなどが挙げられます。
また、歯科矯正も同様です。
歯科矯正には様々なメリットはありますが、1番の目的は見た目の改善だと思います。

当オフィスは、トータルトリートメントの提供を心掛けていますので、導入を検討していました。

この度、同じ東北大学出身のドクターで、大学病院で診療・研究を重ね、その後、開業医にて経験と実績を積んだ歯科矯正認定医に来てもらい、診療をお願いできることになりました。

まずは、患者さんのご希望を伺い、進めていきたいと思いますので、お子さんから成人の方までご興味のある方はスタッフまでご相談ください。

矯正について、少しお話したいと思います。
現在行われている矯正には、大きく分けて2つあります。

①マルチブラケット法
⇒従来から行われているボタンとワイヤーを使用する方法

②インビザライン アライナー
⇒複数枚の透明なマウスピースを使用する方法

それぞれメリットとデメリットはありますが、しっかり診査・診断を行い、適応する治療方法を選択し提供出来ればと思います。

また、どうしても歯を並べる隙間が足りなく、抜歯が必要な場合も、段階を分けて、初めのうちはマルチブラケット法、後半はアライナー法を併用することで見た目も意識して行うことも可能です。

歯並びの状態により、適応が異なりますので、治療法や費用・期間について聞いてみたい方は、1度無料相談にいらして頂ければと思います。

また、福利厚生倶楽部をご利用の方は、福利厚生分を利用することも可能です。

お悩みの方はご相談ください。
SHARE
シェアする
[addtoany]